50代からのスキンケア

50代からの化粧品選びで大切になってくるのは、量よりも質に重点を置くことです。
保湿化粧水や美白美容液をたっぷりつければ大丈夫という考えは禁物ですよ!

食事と一緒ですね。
お腹いっぱいに食べるよりも、栄養のあるものをしっかり食べる。

肌も同じことがいえますので、保湿効果、美白効果、低刺激をに優れた
マダム アルバ
は特におススメです。

上質な化粧品を使い、肌にしっかりと保湿成分や美白成分の栄養を与えていきましょうね。

それと、年3回は保湿や美白の集中ケアをすることで若々しい肌をキープすることができますよ。

しっかりケアすれば、保湿肌美白肌シミやシワ、たるみのない理想の肌が
全部自分の肌に戻ってくることを忘れずに。


クレンジング
「年をとると涙もろくなって」とよく言われますが、50代になってくると涙や目ヤニが出やすくなる年代でもありますので、目元のクレンジングは手を抜かずにしっかり落としてくださいね。
値段は高額になりますが7千~8千円を目安に選んでくださいね。

洗顔
洗顔の基本はぬるま湯で素洗いです。
洗顔料を使う場合は、潤いがなくなりやすいので肌に負担の少ないムースタイプを選んでくださいね。

それと、肌を潤いを与えしなやかな肌にするためにも、月に1~2回はスクララブ剤を使った角質ケアは必ず行ってくださいね。

化粧水
化粧水は「しみ」や「たるみ」「乾燥」など気になる肌に応じて選んでくださいね。
若々しい肌を保つためにも値段は少々高くても、しっかりした化粧水を選ぶように心がけてください。

美容液
50代になると細胞レベルから整えていく必要があるので、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」などの成分が入った保湿美容液や美白美容液系を選んでください。

乳液・クリーム
乳液やクリームも美容液と同じように、肌に潤いや弾力、ハリを与えるコクのあるものを選びます。
実際に手にとって感触を試してから購入すると間違いがないですよ。

下地
50代は肌が乾燥しやすいので紫外線の影響を強く受けます。
そのため、下地と一緒にUV化粧品をたっぷり塗り潤いが逃げないようにしてくださいね。

注意することは、SPF値の高い日焼けクリームは使わないことです。
数値が高くなればパサツキやすくなるので逆効果になりますからね。

SPF値は15~25で十分なので、こまめにつけるようにしてください。





フィード