10代~20代のスキンケア

10~20代の若い世代は、メイクアップには力を入れますが
潤いのない乾燥肌や美白、保湿クリームなどのスキンケアにはあまり力を入れません。


そのため、メイク落としがきちんとできていないことも少なくありません。
特にアイメイクをきれいに落とさないとしわやくすみ、うるおいがなくなって乾燥肌などの原因をつくってしまいます。

10代~20代はメイクをクレンジングできれい落とし、
肌から潤いを逃がさないアテニアに人気が集まっています。
また、可愛らしいポーチも人気の秘密になっています。

それでは、10~20代はどのような保湿クレンジングや保湿化粧水、保湿クリーム
選べよいか紹介しますので参考にしてくださいね!


クレンジング
若い女性はパールやラメ入りの化粧品を使うことが多いので、ラメの金属で肌を傷つける危険性もあるので、オイルやジェルタイプは避け、ミルクタイプのクレンジングを使います。
また、目元には専用のリムーバーを使います。

洗顔
1日に何回も洗うことが多いのも10~20代の特徴です。
洗顔料を使った洗顔は1日朝夜の2回で十分なので、フォームあるいはジェルタイプの洗顔料でしっかり泡立て顔を包み込むように洗います。

化粧水
10~20代であれば、有名メーカーのノーマルな化粧水で十分でしょう。
ただし、ローションパックとして使うことです。

美容液
10~20代であれば、肌のトラブルは表皮レベルでとどまっていることが多いので、真皮に働きかける美容液は基本的に使わなくても大丈夫です。
乾燥肌なら保湿タイプを、ニキビのできやすい人は美白タイプを選びましょう。

乳液・クリーム
保湿力に優れているのはクリームタイプですが、ベタつきが気なる人は乳液を使っても構いません。
美容液と乳液を兼ねた美容乳液もおススメです。
のびやすく、なめらかなものを選びましょう。

下地
10代であればUV効果のある化粧品だけで大丈夫です。
乾燥が気になる場合は、UV化粧品に乳液状の下地クリームを混ぜると保湿効果が高くなりますよ。



フィード