子供の三歳神話



美容&育児

子供三歳神話


スマイル☆ライフ>三歳神話


子供とテレビ



三歳神話

母親の手で三歳までは育てた方が良いと言われていますが本当でしょうか?
三歳神話は、三歳までは母親がたくさん愛情をかけないと人格形成などに大きな影響を与えるためというものです。
この考えは昔からあったように思われていますが、1960年代に欧米から入ってきたものでまだ数十年しかたっていません。
以前は、農業中心の生活でおじいちゃん、おばあちゃんや近所の人みんなで代わる代わる世話をしていましたが、高度経済成長とともに女性が専業主婦として育児に専念できる環境が整い、三歳神話が信憑性があるものとして受け入れられ広まっていきました。





なぜ三歳なのでしょう?

一般的に三歳までは自己中心的な世界にいて、四歳になると集団行動ができるようになると言われています。
三歳というのはとても重要な時期であることに変わりはなく、三歳から四歳になると大きく成長するためこのような三歳神話が社会で認められたと思われます。





母親は犠牲者?

母親が子供に愛情を注ぐことは全く問題ないのですが、母親がこの三歳神話に縛られ子育ての責任は自分にあると思い込み、不安やストレスで幼児虐待などの社会問題が起きているという指摘もあります。
このようにひとりで子育てを抱えこみ誰にも相談できず行き詰ってしまうことになります。
本来は、周囲の大勢の協力があって子育てはされるもので母親ひとりで抱え込むものではないと思います。



こんてんつ
美容お役立ち情報
毎日のスキンケア
気をつけよう目元の洗顔
洗顔の泡の秘密
乳液は使いましょう
パックの前には化粧水
大人のニキビ対策
シミとソバカス
敏感肌・乾燥肌

育児お役立ち情報
子供の発熱
子供の感染症
子供とテレビ
三歳神話

ポーラエステ体験記
エステのプレゼント
私の肌を大公開
角層分析
キメ・シワ・メラニン分析
総合評価


インフォメーション
サイトについて
プライバシーポリシー


Copyright (C) スマイル☆ライフ. All Rights Reserved.