気をつけよう目元の洗顔



美容&育児

目元の洗顔


スマイル☆ライフ>目元の洗顔


気をつけよう目元の洗顔



目元の洗顔

洗顔は汚れを落とすことですが、汚れ落としだけに集中すると無意識に肌を傷めてることになります。
よく言われるのがゴシゴシと強く洗ってはいけない、キメの細かくつまでも消えない泡がよいなどいろいろありますが、ここでは目元洗顔に気をつけることを紹介していきます。





目元を強くゴシゴシ洗うと48時間のダメージ

強く洗ってはいけないのはわかっているけど、ついキレイに汚れを落とそうと思って強く洗ってしまうものですよね。
とくに気をつけていただきたいのが目元洗顔です。
顔の皮膚の角質層の厚さは0.02ミリといわれていますが、これは食品用ラップと同じ薄さになります。
目元の角質層の厚さはこの0.02ミリよりさらに薄く、ゆで卵の薄皮くらいの厚さしかなくちょっとした刺激ですぐに傷ついてしまいます。
しかも目元は他の部分に比べ、皮脂腺や汗腺が少なく顔の部位では特別にデリケートな部分になります。
そのため強く洗うと目元の皮脂がなくなり乾燥しシワの原因に・・・。しかも皮脂腺も少ないため元の肌に戻るのも大変!元の皮脂に戻るには48時間もの時間をかけないと戻ることができません。
だから洗顔はTゾーンを中心に洗い、目元は軽く洗うように心がけて下さい。また、洗顔後はすぐに保湿剤で目元の乾燥を防いでください。

皮脂はわたし達にとってどんな化粧品よりも最高級の美容液であり、クリームでもあります。
いつの間にかカラスの足跡がついていた!なんてことがないように気をつけましょう!



こんてんつ
美容お役立ち情報
毎日のスキンケア
気をつけよう目元の洗顔
洗顔の泡の秘密
乳液は使いましょう
パックの前には化粧水
大人のニキビ対策
シミとソバカス
敏感肌・乾燥肌

育児お役立ち情報
子供の発熱
子供の感染症
子供とテレビ
三歳神話

ポーラエステ体験記
エステのプレゼント
私の肌を大公開
角層分析
キメ・シワ・メラニン分析
総合評価


インフォメーション
サイトについて
プライバシーポリシー


Copyright (C) スマイル☆ライフ. All Rights Reserved.