マイホーム 中古マンションの耐震対策

中古マンションの耐震対策

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


阪神淡路大震災の教訓から、中古マンションの購入を考えれば、地震が起きたときに倒壊の心配がないか気になるところです。

昭和56年に新耐震基準が施工されており、そこを境に耐震性の差が出てくるでしょう。実際に阪神淡路大震災では、当時の耐震基準を満たしていない建物の多くが被害を受けていました。
また、一時話題になりました耐震偽造など人為的な耐震不足などもありましたので建築年数だけではなく設計や施工などを調べることが大切になってきます。

中古マンション耐震性を調べるにあったて、次のようなことが影響してくると思われます。
・事業者の地震に対する安全性の意識
・設計者の地震に対する安全性の意識
・建築工事関係者の地震に対する安全性の意識
・建築基準法で定めれた最低限の耐震性能
・マンションの収支計算によって決められる工事費
・建築材料の品質
・建築物の劣化状態


建築費については限られているため、どの部分に建設費を使うのか事業者や設計者に任せることになるので耐震性に違いが出てくるでしょう。
しかし、いくら耐震基準で設計されたマンションであっても維持管理がきちんと行われていないと、建物の劣化が進み耐震力を十分に発揮できなことも考えられますので、維持管理がきちんと行われているのか確認することも大切です。



中古マンションの購入コンテンツ一覧