マイホーム 中古マンションの相場価格

中古マンションの相場価格

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


マンション販売価格が決定するのは、供給と需要の関係や様々な評価方法によってきまります。また、維持管理の状況によっても違いが現れます。
人気のある物件で空室待ちがある中古マンションや、駅や周辺環境の充実した中古マンションであれば販売価格は高めに設定され、築年数が浅くても人気がなければ販売価格は低めに設定されます。

一般に中古マンションにも、新築マンションと同じように相場価格があり周辺の販売価格や購入者の買えそうな値段にすることが多いようです。また、売り主の販売価格が購入者にとって高く感じるようであれば、値段を下げていきますので相場価格よりも安くなることがあります。

割安感のある中古マンションでも注意することがあります。それは、維持管理がきちんと行われておらず、引っ越したとたん修繕工事が行われることになれば予定外の費用が必要になってきます。
このような事態にならないように、購入前に確認したり修繕工事など販売価格以外にも費用が必要なることを認識し予算を多めに用意しておく必要があります。

中古マンションの広告には、よく家賃と返済額を比較したものが多いですが、それだけを見ていると同じ金額払うならマンションを購入したほうが資産になって良いと思うでしょう。
しかし、中古マンションを購入するとなると、毎月の返済額だけではなく管理費や修繕積立金、駐車場代などが必要となり2〜3万円の負担増になります。
また、固定資産税などの税金の支払い義務がでてきます。



中古マンションの購入コンテンツ一覧