マイホーム マンションの内覧会

マンションの内覧会

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


マンション内覧会とは、簡単にいえば入居するマンションの検査をすることです。
多くの場合、マンションは完成前から契約を交わし購入が決定します。

完成したからといってそのまま入居して生活を始めると、施工不良や不具合などが見つかることがあります。
入居後の不具合は責任が曖昧になり、思うように手直しや改善をしてもらえないことが出てきますので、入居前から施工不良や不具合がないかチェックする必要があるのです。

もちろん、内覧会で不具合がれば指摘し改善してもらいます。そして、改善された後にもう一度内覧会を行い再度チェックします。もしそれでも改善されていないようであれば手直し後の再々内覧会が行われます。

内覧会は、設計図通りに施工されているか、売買契約書や重要事項説明通り間違いないかをチェックする重要な検査になりますので、うるさいくらい真剣に取組ましょう。
また、内覧会では入居する専有部分だけではなく共用部分の検査も行います。
エレベーターや廊下、駐車場やゴミ捨て場など普段の生活で利用する場所はもちろんのこと、屋上の給水タンクや防水の施工、地階の機械室や換気など普段利用しない場所もチェックを行います。

共有部分の内覧会は、入居者をグループに分け行いますのでお互いに意見を出し合い問題点の改善を指摘していきましょう。
どんな小さなことでも、気になったら遠慮せずに指摘します。入居後のの手直しについては責任の所在がはっきりしなくなることを覚えておいてください。



マンションのチェック法コンテンツ一覧