マイホーム マンションの管理規約

マンションの管理規約

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


マンション管理規約は、区分所有法に基づいて作成されておりマンションで生活するうえで守らなければいけない約束事を文章として明記したものです。

マンション管理規約は、一般的にマンション契約時の書類に明記してあり、不動産会社が制作しています。
管理規約が成立するのは、購入者全員が了承し印鑑を押し書類が集まったときになります。
また、管理規約の効力を持つのはマンション購入者が入居し共同生活が始まってからになります。

この最初に作られた管理規約は、不動産会社が作っているので、マンションの実態に合っていないことや不動産会社に有利な規約になっていることもありますので、一度見直し自分たちのマンションに合った管理規約を作り直すことをお勧めします。

では、どのように管理規約は変更するのでしょう。
管理規約の変更するには、区分所有法台31条にある「規約の設定・変更・廃止は区分所有者および議決権総数の各4分の3以上を必要とする」になっています。この管理規約の変更するための説明はマンションの規約にも明記してあります。

このように、管理規約の変更は区分所有者および議決権総数の各4分の3以上あればいつでも変更できるということです。
国土交通省の調査によると、管理規約を改定した割合は約57%で、改定回数は1回が一番多く約44%で続いて2回26%、3回14%となっており、5回以上改定したマンションも9%以上あります。



マンションの生活コンテンツ一覧