マイホーム マンションの管理組合

マンションの管理組合

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


マンションには住みたいけど、役員などしたくないので管理組合に入るのは嫌だという人も多いのではないでしょうか。
しかし、マンションの住人になった時点で法律の区分所有者ということになりますので、管理組合に自動的に所属するようになっています。なので、入りたくないということはいえません。

マンションには、専有部分と共用部分があり専有部分は自分の財産になるので掃除や補修などは誰に言われるまでもなく自分で行います。しかし、共有部分はマンション住人すべての財産になるので掃除をしたり、補修費を全員で負担する義務があります。

管理組合マンション住人の代表になるので、これら共有部分の掃除や補修の維持管理を取り決め住民全員に知らせる必要があります。

管理組合は、特定の人が長期にわたって運営すると偏った判断をすることになるので、1年程度で交代するようになっています。
また、マンション住人である以上理事をすることがあると準備をしておく必要があります。しかし、理事は必ずなるということはありませんが、マンション住人である以上共用部分の財産を維持管理する義務があります。

マンション住人は、区分所有法によって年に1回は集会を開く必要があり、理事会が行えることはこの集会で決まったことだけになります。

事情がありマンション住人全員が集会に参加できない人は、委任状などで意思を表すことができます。
この集会によって、将来のマンションがどのようになるか決まってきますので、マンションを長持ちさせるためにも積極的に集会に参加するようにしましょう。



マンションの生活コンテンツ一覧