マイホーム マンションのリフォーム

マンションの定期借地権

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


マンション定期借地権とは、土地を借りてマンションを建てることです。そのためマンション販売価格は土地代がありませんので2〜3割ほど安く購入することができます。ただし、借りている土地なので一定期間を過ぎれば返還しなければいけません。

一般のマンションであれば、土地や建物は購入者が所有権を持ちますが、定期借地権の場合は土地を借りているので土地の所有権は地主になります。
定期借地権の良いところは、何といっても購入価格が一般のマンションよりも2〜3割安くなることでしょう。

この定期借地は、バブル期の頃に土地を購入しマンションを建設しても販売価格が高くなり買い手がつかないとという不動産会社と、自分の代だけ生活できればいいという消費者、土地は将来子供や孫に残したいという地主の考えが一致し生まれた制度になります。
土地代がない分安い販売価格にはなっていますが、土地を借りているので当然毎月借地権料を支払う必要があります。

定期借地権付きマンションは、原則的に期間満了になると解体されます。それも、解体費用は入居者が負担することになっています。

定期借地権の問題点
定期借地権付きマンションは期間満了すると原則解体されます。そのため、あらかじめ解体することが分かっている建物を大切にするでしょうか。
まず、壊れることが分かっているのだから大切にすることはあまりないでしょう。
つまり、マンションの維持管理は適切に行わるかどうかが問題になってきます。
また、維持管理が適切に行われていても解体後は生活する場所がなくなるため、生活の不安がでてきます。
このような問題を解消するために、つくば方式やスケルトン定借と呼ばれる建物譲度特約付き借地権があります。

この建物譲度特約付き借地権は、30年以上と決めらた存続期間の満了後に地主が建物を買い取り、それ以降は土地代と維持管理費などの支払いで生活できるようになります。つまり賃貸マンションとして住み続けることができるものです。



マンションのタイプコンテンツ一覧