マイホーム バリアフリーのマンション

バリアフリーのマンション

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


バリアフリーとは、障壁や障害を取り除くという意味で最近の住宅では当たり前になってきています。
このバリアフリーは、当然マンションでも対応しており各部屋の段差、洗面所やトイレなど全て段差がなくなっています。

これまでのマンションは、どちらかといえば若い夫婦が購入するものというイメージがありましたが、高齢化社会ということもあり老後もマンションでという考えで永住目的マンションを購入する人が多くなりました。

従来、マンションとは高齢者あるいは障害者の住居ともいえます。
マンションは、一戸建てと比べると高齢者には生活環境に良いのではないでしょうか。

例えば、ヒートショックといわれる部屋の温度差によって心臓マヒなどを起こす事故が後を絶ちませんが、マンションであれば上下左右と部屋に囲まれているため各部屋の温度差というのあまりないので危険性が少なくなります。

また、60歳くらいから新築のマンションを購入すれば大規模な改修や老朽化による建て替えなどの心配もありません。
そのほか、セキュリティーに関しても最近のマンションでは高齢者のための非常通報システムを設置しています。また、24時間駐在人にマンション管理が行われ、夜中であっても設備の不具合があれば対応できるようになっています。

このように、生活する上での対応は確実に良くなっています。しかし、高齢者にとって設備の充実はもちろんですが、一人暮らしによる将来不安、近所の付き合いなど心のケアも大切になってきます。

バリアフリーといえば高齢者が注目されますが、廊下を広くして車いすがスムーズに通れるように障害者にも対応する必要がります。しかし、障害というのは個別に対応する必要があるので、障害者に対応したマンションはほとんどないのが現状です。

障害に合わせたマンションで生活するには、中古マンションをリフォームしたりフリープランのマンションを購入する方法があります。



マンションのタイプコンテンツ一覧