マイホーム マンションの地震対策

マンションの地震対策

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


マンション地震対策には、免震構造制振構造があります。免震構造は、地震の揺れを建物に直接伝えない装置を持つ構造で、最下階の床下や中間層に設置されています。

一方、制振構造は地震の揺れを受けにくくしたり、受け流す装置を持つ構造です。
これらの耐震対策は優れているのですが、マンションの多くで採用はされいないのが現状です。

その理由として、コストが大きいことがあります。当然コストが大きくなれば販売価格も高くなるので売れなくなるということになります。マンション購入者も耐震対策してあるマンションがいいに決まっていますが、その分高額になるとなかなか手が出せなくなります。

新耐震基準は1981年に施行され、地震に対して建物の被害が軽くなることを目的としてされ次のような規定があります。
・中規模地震と大規模地震を想定した設計
・建物の強度高める
・地震時の変形を制限する
・地震による水平力の増減を考慮


これらの設計によって、震度5程度の中規模地震では損傷しないこと、震度5〜7の大規模地震では人命を優先させ建物の倒壊を防ぐことが目標になっています。

もし古いマンションを購入する場合は、耐震診断がされているか確認することが大切です。
阪神淡路大地震以降、消費者の大地震でも補修するすることで生活できるようにという声で、新耐震基準よりも1.5倍などで設定するマンションも増えてきています。



マンションの基礎知識コンテンツ一覧