マイホーム マンションの資産価値

マンションの資産価値

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


マンション資産価値は、立地条件や建物の施設、需要によって変わってきます。また、マンションを売る場合は、管理状態によっても左右されます。
マンションのs立地条件資産価値に大きく影響をしている条件は、生活基盤が整ったスーパーや学校病院などの施設や駅周辺の交通の便が良い場所のマンションかになります。
多くの人がマンション購入の条件として立地条件を挙げていることでもわかります。

バブル時代はどこの土地も値上がりしていましたが、バブルがはじけると土地の値段は下がりましたが生活環境などマンション購入者の条件をみたしていない場所では大きく下落しまた。
このように土地によってマンション資産価値は大きく変わっています。

一方、建物の資産価値ですが、マンションは構造上同じような間取りになっているため部屋の広さぐらいしか資産価値の差がないように思いますが、1階と10階では販売価格が違っているように部屋の階数で資産価値が変わることがあります。
また、南向き西向きといった方角や専用の庭が付いていたりすることでも建物の資産価値が左右されます。

マンションの1階や2階など下層の階は、あまり人気がないため価格を低く設定していますが、価格が抑えられた分利益が減るので上層階で補うことになります。そのため、上層階の購入時は高くても売却する場合には下層と大きな差がないこともあります。

そのほか、エントランスや駐車場、セキュリティーの住居以外の施設が充実していることも建物としての資産価値を高めます。
築年数が長くなると建物の資産価値は下がってきますが、定期的な保守点検などしっかり行うことで資産価値が下がるのを防ぐことも大切になってきます。



マンションの基礎知識コンテンツ一覧