マイホーム マンションのシックハウス対策

マンションのシックハウス対策

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


シックハウスとは、建物が原因で吐き気や頭痛など体の不調を起こすことです。
このシックハウスに関する規制は2003年の建築基準法が改正されることで始まりました。この規制は、シックハウスの原因といわれるホルムアルデヒド建材の使用量規制、換気の義務付ける、防蟻剤クロルピリホスの使用禁止などがあります。

数年前からホルムアルデヒドの対策は建築業界全体で進んでいます。しかし、シックハウスは個人の体質が大きく影響しているので、基準数値をクリアしていれば大丈夫というものではありません。

現在、シックハウス対象の規制はクロルピリホスとホルムアルデヒドの2種類だけで、健康を考えた場合対策が必要となる化学物質は数十種類以上あるので、対策としては不十分といえるのではないでしょうか。

では、マンションシックハウス対策はどのようになっているのでしょうか。

シックハウス対策として有効なのは、化学物質を発生させない自然素材で造ることですが、それらの資材で建設すると手間がかかるだけではなく建築コストが高くなり、そのコストは販売価格に上乗せされ高額なマンションになります。
そうなると完売したい不動産会社は販売が難しくなるためそこまでしていないのが実情です。

つまり、基準法に対する最低限の対策は行っていますが、マンションでの対応が難しためシックハウス対策が万全になっているわけではありません。



マンションの基礎知識コンテンツ一覧