マイホーム マンションの基礎

マンションの基礎

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


マンション基礎には直接基礎杭基礎があり、地盤の状態によって適した基礎を使い分けています。
マンションの直接基礎とは、ベタ基礎といわれ一般の住宅のように土地の上に直接鉄筋とコンクリートを敷いて固めたもので建物を面で支える基礎になります。

新宿の超高層ビルは、信じられないかもしれませんが直接基礎になっています。これは、超高層ビルを支えるほど地盤が非常に固くなっているためです。

杭基礎は、ベタ基礎の下に杭を打ち込みマンションを支えています。また杭基礎には、地盤の固いところまで杭を打ち込む支持杭と、地盤が軟らかく地盤の固いところが深い場合に地盤と杭の摩擦を作り出すことでマンションを支える摩擦杭があります。

地盤の状態を知る
マンションを支える固い地盤が浅い所にあるか深い所にあるかは実際に調べてみないことにはわかりませんが、周囲の状況から推測することはできます。

例えば、地盤が軟らかく固い地盤が深いものに、周りに田んぼが多かったり川が近くを流れている、埋め立て地であるなどがあります。

マンションの地盤の状態を知りたい場合は、国土地理院から発行されている「土地条件図」や自治体の資料などによって調べることができます。ただし、特定の場所ではなく地域の地盤になります。

マンションを選ぶ際に、基礎がしっかりしているのか、地盤は柔らかくなっていないか気になると思いますが、決して地盤が悪いからそこに建つマンションも悪いということではありません。
大切なのは地盤ではなく、その地盤に対応したしっかりとした基礎工事が行われているかどうかということです。



マンションの基礎知識コンテンツ一覧