マイホーム マンションの住宅性能表示制度

マンションの住宅性能表示制度

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅性能表示制度とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品確法)で平成12年4月に施行された制度になります。住宅の性能が住宅品確法の性能を満たし、性能を明確にして引き渡す仕組みで建築基準法以上の性能を表示するものです。

しかし、この住宅性能表示制度は任意になっているためすべての住宅に表示されるわけではありません。 そのほか、住宅品確法には住宅の基本構造部分に欠陥があった場合に建築業者などに10年間の責任の義務を負わす住宅瑕疵保証制度があります。

住宅性能表示制度は、新築住宅が対象になっていましたが、中古住宅も平成14年8月から対象になり全ての住宅が住宅性能表示制度の対象になりました。

住宅性能表示制度は、設計住宅性能評価建設住宅性能評価があり、国土交通省大臣の指定を受けた第3機関が評価を行い住宅評価書を交付します。建設住宅性能評価だけを受けることはできませんが、設計住宅性能評価は単独で受けることができます。

建設住宅性能評価 設計住宅性能評価


新築マンションで住宅性能評価を受けているのは1割程度と非常に少ないのが現状です。
住宅性能表示制度の性能は等級にがあり、等級が高いほど性能が良くなっています。性能項目には、地震や暴風、積雪に対する強度、火災時の耐火性能や安全対策などがあります。

住宅性能評価を受けた住宅でトラブルがあった場合は、1万円の費用で紛争を解決してくれるので住宅性能評価を受けたマンションは安心といえるでしょう。





マンションの基礎知識コンテンツ一覧