マイホーム 住宅ローンを低金利で選ぶ人

住宅ローンを低金利で選ぶ人

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローンを選ぶ場合に多くの人は低金利を理由で決めています。
住宅金融支援機構の調査によると、住宅ローンを考えている人は安定した返済計画を重視し、「返済総額を抑えること」「返済金額が返済終了まで決まっていること」で、住宅ローンを利用している人は「最初の金利が低いこと」「希望融資額が受けられ、他から借り入れる必要がないこと」を重要視しています。

この調査でわかるように、住宅ローンを計画しているときには慎重に考えていても購入の段階になると、最初の支払い金額が少なくなる金利低いローン選ぶようになっています。
そのため、変動要素の大きい変動金利のローンを利用する人が多くなります。

変動金利型とは、景気など外部環境によって適用金利が変わるものです。
住宅ローンで一番多いものは、一定の期間金利を固定できる固定期間選択型で、住宅ローン利用者全体の80%以上を占めており、固定期間選択型10年や、完済までの金利が一定の全期間固定金利型の利用は少なくなっています。

固定期間選択型は2〜10年にしている人が多く、固定期間選択型2年であれば2年間は金利が一定でその後の金利は保証はできないというこです。

最初の金利が3%であっても、金利水準が上がり2年目以降は5%になることもああり得ます。逆に金利水準が下がり2年目以降の金利が2%と低くなることもあります。

2千万円の借り入れで35年で返済する場合、金利3%の全期間固定金利型であれば毎月の返済額は76,970円になり、金利が2%の固定金利選択2年では毎月66,252円の返済額になります。

固定金利選択型のほうが、毎月の支払が約1万円少なくなりますので誰でも選びたくなります。実際、約20%の人が期間の短い固定金利選択型を利用しています。



住宅ローンの危険性コンテンツ一覧