マイホーム 住宅ローンは自分で決める

住宅ローンは自分で決める

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローンを利用する場合、最初はいろいろと調べますが、いざ決定する段階になると銀行や不動産業者に任せることが多くあるようです。
そのため、返済金額が増えて支払いが困難になりやっぱり自分で決めればよかったと思わないように、まずは住宅ローンのリスクを十分に理解し自己責任住宅ローンを利用するという覚悟が必要になってきます。

もし、リスクを避けて安定的な返済をしたいと思えば金利は高くなりますが全期間固定金利型を利用するといいでしょう。

住宅ローンを利用する場合、最初に考える大切なことは「いくらの金額まで返済できるのか」ということで、決して「いくらまで借りることができるか」ということではありません。このことをしっかりと把握してください。

銀行や不動産業者では、「借入限度額は2,000万円です」などと融資できる金額を提示してくれますが、これは年間の返済額が年収の何%にあたるかを計算して出された金額です。
この借入限度額は金融機関が定める返済負担率が基になり、年収が増えれば限度額も増え年収が低ければ借入限度額も少なくなります。

融資限度額を借り入れて、返済可能と判断しても子供が大きくなり教育費が増えたり、金利の上昇や景気が悪くなり収入の減少など返済することが困難になることもあります。
そうならないためにも、融資限度額を利用するのではなく様々なリスクを考えた上で毎月の返済額、年間の返済額を計算し借入金額を決定しましょう。

主要銀行の返済負担率

前年度年収 返済負担率
300万円以下 25%以内
300〜400万円 30%以内
400万円以上 35%以内

フラット35の返済負担率
前年度年収 返済負担率
400万円未満 30%以内
400万円以上以上 35%以内




住宅ローンの危険性コンテンツ一覧