マイホーム 住宅ローン破綻を避ける返済金額の目安

住宅ローン破綻を避ける返済金額の目安

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローンの借り入れ限度額は、返済負担率が年収の25〜35%を目安にしている金融機関がほとんどです。
しかし、誰でも素敵なマイホームを持ちたいためにちょっと無理をしても限度額いっぱい借り入れることも少なくないでしょう。しかし、借入限度額を利用すことで将来の返済が困難になり住宅ローン破綻を招く危険性があることを認識している人は少ないのではないでしょうか。

まずは、毎月の返済可能な金額がどれくらいなのか確認します。もちろん、将来の生活費や子供の教育費の増加なども考える必要があります。
また、日頃から家計をきちんと管理していないと、住宅を購入する資格はないといえます。そのためにも、家計をしっかり管理しいくらまでなら返済できるのか具体的な数字を把握することで住宅ローン破綻危険性は低くなっていきます。

家計をしっかり管理すれば無駄遣いをせずに、節約意識が身についてきます。また、住宅ローンの返済練習にもなりますので必ず家計はしっかり管理することです。

返済負担率による毎月の返済額の目安の表を参考にして、どのくらいなら返済可能なのか確認しておきましょう。
ただし、返済負担率すべての人に当てはまるのではなく、生活環境などによって異なったり、家計をしっかり管理できていないと住宅ローン破綻可能性があることを認識してください。

返済負担率による毎月の返済額の目安

年収 返済負担率 年間返済額 1ヶ月の返済額
300万円 20% 60万円 50,000円
25% 75万円 62,500円
400万円 20% 80万円 66,666円
25% 100万円 83,333円
500万円 20% 100万円 83,333円
25% 125万円 104,166円
600万円 20% 120万円 100,000円
25% 150万円 125,000円
700万円 20% 140万円 116,666円
25% 175万円 145,833円
800万円 20% 160万円 133,333円
25% 200万円 166,666円
30% 240万円 200,000円




住宅ローンの危険性コンテンツ一覧