マイホーム 住宅ローン破綻のリスク

住宅ローン破綻のリスク

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローンによる破綻は2004年から減少してしているとはいえ、住宅ローンを利用している人がおかれている環境によるものが大きく影響しているようで、決して住宅ローン破綻リスクを考えた自己資金計画や住宅ローン借入後の家計を計画したものではありません。

一戸建てやマンションの購入を考えている人や、住宅ローンの借り入れを考えている人は必ず住宅ローン破綻のリスクを十分に理解し計画していく必要があります。

2004年以降は少しづつですが景気回復していました。しかし、2008年よりアメリカに発による不況が日本にも大きな影響を与えています。
いつどのようなことが起こるかわかりません。

住宅ローン破綻リスクには、リストラや賃金カットは大きな影響をになることはわかりますが、景気が良くなったとしても住宅価格や土地価格の上昇、また金利が上昇することで大きな負担になることも理解しておく必要がります。

住宅ローン破綻リスク対策を行っていないと、自己破産件数は減少せずに増加していく可能性が大きくなります。
住宅ローンの利用をする人は、負担が増えるマイナス要因を考え、そうなっても十分に対応できる対策を準備することが大切になってきます。



住宅ローンの危険性コンテンツ一覧