マイホーム 住宅ローン返済期間の短縮〜返済額の増額

住宅ローン返済期間の短縮〜返済額の増額

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローン返済期間短縮する方法に、毎月の返済額増額する方法があります。
3000万円を元利均等35年返済、金利3%で借り入れが場合の毎月の返済額は約116,000円になります。
3年後に返済期間を5年短縮しようと思えば毎月の返済額は約129,000円になります。約13,000円の増額になります。

返済額を増額せずにそのまま返済をすると、返済額の合計は約4433万円になります。
一方、毎月の返済額を増やし返済期間を5年短縮した返済合計額は約4,159万円になりその差247万円得することになります。

さらにもう一度3年後に5年短縮するために増額すると、毎月の返済額は約152,000円になり23,000円の増額になります。

1回の増額でそのまま返済した返済合計額は約3696万円で、2回増額した返済合計額は3,457万円になります。その差は239万円になりトータルで486万円の得になります。
もし、35歳で住宅ローンを借り入れて35年で返済すると、返済が終わるのは70歳になります。考えただけでも怖いですが、10年短縮できれば60歳で返済が終わることになります。

ただ返済合計額が少なくなるだけではなく、返済期間も短縮されるので精神的にも安心感がでてきます。



住宅ローンの賢い利用方法コンテンツ一覧