マイホーム 住宅ローンの元利均等返済と元金均等返済

住宅ローンの元利均等返済と元金均等返済

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローンの返済には、元利均等返済元金均等返済があります。
この元利均等返済と元金均等返済はフラット35では利用者がどちらか選ぶことができますが、民間の住宅ローンでは元利均等返済が主体になっているため、元金均等返済を利用できない金融機関も多くあります。

元利均等返済とは、元金と利息の合計が毎月同じという意味で毎月の返済額は変わりません。
毎月の返済額は変わりませんが、金利と元金の割合が変化していき、最初は元金の返済分が少なく金利の割合が多くなっています。そのため、元金はなかなか減っていきません。

一方、元金均等返済とは、元金残高で利息の計算しますので最初は元金も多いので利息がたくさん付き返済額は多くなりますが、返済していくうちに元金が減ってきますので、その分利息も減るので返済額も少なくなっていきます。

2000万円を35年金利3%で借り入れた場合
元利均等返済では、毎月の支払いは76,970円で毎月同じ額です。
そして返済総額は32,327,416円になります、

元金均等返済では、1回目の返済額が97,619円で、1年後が96,190円、
10年後が83,333円、20年後が69,048円、最後の支払が47,738円になります。
返済総額は、30,525,000円になります。


元金均等は最初は返済額が多く大変ですが、徐々に減っていき最終的には5万円を切りますので大変楽になってきます。
また、返済総額も元利均等返済に比べ約180万円の節約ができます。



住宅ローンの賢い利用方法コンテンツ一覧