マイホーム 住宅ローンを夫婦で返済の注意点

住宅ローンを夫婦で返済の注意点

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローン夫婦で共同して返済する場合には注意することがあります。
ほとんどの場合、夫婦共働きでも夫が名義人になることが多いと思います。

また、妻が独身時代の貯金を頭金にしたり、妻の親から頭金を出してもらうことも少なくないはずです。

夫ひとりの名義人だと、贈与があっとみなされ贈与税の対象になることがあります。また、住宅ローン控除も夫ひとりしか受けうることができません。
そのため、住宅ローン控除を2人で受けたり、贈与税の対象にならないように共有名義で登記するようにしましょう。共有名義にする場合は、土地建物の割合は年収や頭金の割合に応じて決めます。

住宅ローン控除を受けるためには、建物を所有していることが条件になるため、土地は夫、建物は妻というように分けると妻だけしか住宅ローン控除が適用されません。そのため、夫婦お互いが土地・建物をそれぞれ共有することが重要になります。

建物の価値は年数が経てば下がってきますが、土地は購入時の価格をある程度維持することができますので、妻の割合を多くしておくほうがいいかもしれません。

統計でみても女性のほうが長生きしますので、将来相続が発生したときに価値の高い土地を多く所有していれば相続税を節約あるいはゼロにすることができます。

また、贈与税の配偶者特別控除により居住用不動産や居住用不動産取得の資金に限って2,000ま円まで贈与税がかからないようになっています。
この配偶者特別控除は結婚期間20年以上が条件になり、ひと組の夫婦1回しか適用されません。



住宅ローンの賢い利用方法コンテンツ一覧