マイホーム 夫婦共働きなら住宅ローン控除を増やす

夫婦共働きなら住宅ローン控除を増やす

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


夫婦共働きの家庭で住宅ローンを利用する場合は、夫婦とも住宅ローン控除が利用できるようにします。
また、二世帯住宅親子で共同購入する場合も住宅ローン控除を利用するのが賢い借り方です。

夫が一人で住宅ローンを利用すると名義人である夫しか控除されないため、年間所得税支払額が15万円であれば、3,000万円の住宅ローンを利用しても15万の還付金になります。

この3,000万円の住宅ローン名義人を夫だけではなく、妻も名義人となれり1,500万円ずつに分ければ2人分の控除を受けることができます。年末の返済残高の1%が控除できるとすれば、1,400万円の年末残高があった場合、1,400万円の1%で14万円の控除になります。

夫婦とも年間所得税が15万で14万円を超えていれば2人合わせて28万円が控除されることになります。
夫1人では15万円だったのが、夫婦合わせて28万円になるので住宅ローン控除を有効に活用できるのです。

そのほか、夫婦共働きの場合に夫が名義人になり妻が連帯債務者にすることで、妻も控除が受けららるようになります。
連帯債務者とは、名義人の夫と同じ様に住宅ローンの返済を返済する責任があることです。
名義人が住宅ローンの返済ができないときに名義人に代わって返済する連帯保証人とは違います。

この連帯債務者が控除を受けるには、夫婦の年収比率に合わせて住宅ローンの返済比率を決めてから控除の申請を行います。
また、夫婦だけではなく親子でも連帯債務者になることに問題はありません。



住宅ローンの賢い利用方法コンテンツ一覧