マイホーム 住宅ローンフラット35の団体信用生命保険の費用

住宅ローンフラット35の団体信用生命保険の費用

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


団体信用生命保険は、民間の住宅ローンではほとんど加入が義務化されていますが、住宅金融支援機構フラット35は加入の義務がありません。
そのため、フラット35を利用する場合は、別途団体信用生命保険に加入する必要があります。また、支払方法も火災保険のように一括払いではなく年払いになります。

団体信用生命保険とは、借入者が死亡あるいは高度障害になり住宅ローンの返済ができなくなったときに住宅ローン残額分の保険金が支払われ、残された家族が返済する必要がなくなりマイホームも残るというシステムです。

団体信用生命保険保険料は、住宅ローン残額に対して決められているので当初の保険料は高くても返済期間が長くなると保険料は安くなっていきます。

フラット35の場合、保険料は1000万円あたり28,100円で10年後に23,300円、20年後が16,400円、35年目が700円になります。

一方、民間の金融機関で団体信用生命保険の加入が義務化されていない場合は、加入すると通常の金利に上乗せされ借入金利が0.3%ほど高くなります。

そのほか、フラット35を利用する場合には住宅がフラット35の技術基準に合格しているか検査する必要があり、その検査料として2〜3万円必要になってきます。
検査は、設計段階と建築中、完成時の3回行われます。



住宅ローンの賢い利用方法コンテンツ一覧