マイホーム 住宅ローン手続きに必要な費用(事務手数料、印紙、保険料、保証料)

住宅ローン手続きに必要な費用

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローンの契約をする場合事務手数料が必要になります。
多くの金融機関で手数料は31,500円になっており、なかにはキャンペーン期間中に申し込めば無料になる金融機関もあります。

そのほか、SBIモーゲージでは借入額の0〜3%の7種類の%でを事務手数料としており、3%を選べば事務手数料は増えますがその分金利が優遇されます。

住居を担保に入れ住宅ローンを利用するので抵当権設定の登録免許税が必要になってきます。税率は軽減措置により借入額の0.1%になっており1,000万円であれば1万円ということになります。
また、この抵当権設定の手続きは司法書士に依頼するので、別途司法書士への報酬も必要になってきます。

このほかにも、火災保険料保証料があり、フラット35の場合物件検査料として2〜3万円の負担があります。

印紙代

借入額 印紙税代
10〜50万円 400円
50〜100万円 1,000円
100〜500万円 2,000円
500〜1,000万円 1万円
1,000〜5,000万円 2万円

抵当権設定費用
借入額 登録免許税 司法書士報酬
1,000万円 1万円 4,5000円
2,000万円 2万円 5万円
3,000万円 3万円 6万円

火災保険料(木造一戸建て)
保険期間 保険金額
1,000万円 2,000万円
10年 126,800円 253,500円
20年 214,600円 429,300円
35年 299,100円 598,300円


これらの金額は金融機関などによって違ってきますので、直接確認するようにしてください。



住宅ローンの賢い利用方法コンテンツ一覧