マイホーム 住宅ローンの優遇制度

住宅ローンの優遇制度

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


民間金融機関は新しい顧客を獲得するために、一定の条件を満たした人を対象に住宅ローンの金利を下げる優遇制度を取り入れています。一定の条件といっても難しいものではなく、給与振込であったり公共料金の引き落とし、クレジットカードの利用など様々なものがあり誰でも条件をクリアすることはできます。

これらの条件を満たせば、店頭金利が3%であっても優遇制度により1%引き下げられ2%で融資を受けることできます。1%といっても、住宅ローンは長期の返済になるため最終的に大きな差が出てきます。

全期間固定金利3%で3千万円を借入れ35年返済の場合
毎月の支払は11,5455円で返済総額は48,490,768円

同じように2%で計算すると
毎月の返済額は99,378円で返済総額は41,738,968円
になります。

1%の違いが毎月約2万円、総額約700万円も差が出てきます。

住宅ローン優遇制度は金融機関によって、変動金利型や固定期間金利型の短期タイプを主力にしていたり、固定期間の長いタイプに力を入れたりしていますので、利用できる金融機関の優遇制度を比較検討し、自分にメリットのある金融機関で融資を受けるようにしましょう。

優遇制度を調べる上で注意することは、全期間優遇制度が適用されるのかどうかです。最初の5年だけ優遇制度が適用され、その後は通常の金利になるというケースもありますので必ず確認することです。
突然毎月の返済額が3万増えて「返済できない」ということだけは避けるようにしましょう。



住宅ローンの現状コンテンツ一覧