マイホーム 住宅ローンフラット35の手数料

住宅ローンフラット35の手数料

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


フラット35の融資を受けるための条件に、住宅金融支援機構が定める技術基準を満たすことがあります。
この技術基準は、建築基準法で定める最低限必要な基準以上で、以前の住宅金融公庫と同じような条件になっています。

また、第3者によって技術基準を満たしている検査を受けるために、2〜3万円の検査手数料がひつようになってきます。

以上の条件は住宅金融支援機構が定めているので、どの金融機関で申し込んでも同じになります。 その他の手数料や金利は、金融機関が自由に決めることができます。そのため、金融機関の方針によって金利や手数料に差が出てきます。

住宅ローンを利用する人は、金利のことはよく調べますが、手数料について詳しく調べる人は少ないのではないでしょうか。金融機関によって金利を低く設定している分、手数料を高くしたり、反対に手数料を安くして金利を高めに設定している場合があります。

このように金利や手数料は違ってきますので、住宅金融支援機構のホームページで金利のチェックをしたり、各金融機関のホームページで手数料を比較して自分に合った金融機関から融資を受けるようにしましょう。
ただし、融資先の金融機関を調べる場合に注意することは、住宅ローンは普通マイホームの購入エリアの金融機関を利用するので、自分が利用できる金融機関を比較検討するようにします。



住宅ローンの現状コンテンツ一覧