マイホーム 住宅ローンの勉強

住宅ローンの勉強

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


以前の民間での住宅ローンは、金利やサービスがほとんど同じだったので、住宅ローンといえば金利の低い住宅金融公庫がほとんどでした。

住宅展示場やモデルルームを見て回り、理想の物件が決まれば住宅金融公庫で融資を受けるという形だったので、住宅ローンについて悩むことはありませんでした。
しかし、金融自由化と2007年の住宅金融公庫廃止によって住宅ローンは大きく変わり、選択枠が広がり自分に合ったサービスの住宅ローンが利用できるようになりました。しかし、反対に住宅ローンを選ぶ難しさもで出てきたため、どのような住宅ローンがあるか勉強することが必要になってきました。

金利についても金融機関によって優遇制度があり、A銀行の優遇制度でaローンが自分の条件に合っている人や、B銀行のbローンの条件が合っている人と、その人の生活環境によって住宅ローンのサービスが違ってきます。

そのほかに、預金を預け入れることで低い金利で融資を受けることができたり、35年などの長期ローンの場合はリスクを減らし全期間固定金利を利用することが有利な人、返済期間を短くして変動金利や2〜10年返済の期間固定金利型を利用することが有利な人と様々です。

また、民間の住宅ローンは保証料が必要になり、35年返済の場合1千万円当たり約20万円の保証料が必要ですが、この保証料が無料になったり、その他の手続き手数料も無料になる金融機関もあります。これらが無料になることは大きなメリットです。

最近では、ガンと診断されれば返済が免除されたり、病気や怪我、リストラや倒産による失業した場合に一定期間返済が猶予される保険付きの住宅ローンが登場しています。

このように様々な住宅ローンがあるので、自分に合った住宅ローンはどれなのかしっかりと勉強する必要があります。



住宅ローンの現状コンテンツ一覧