マイホーム 住宅ローン固定期間選択型の手数料

住宅ローン固定期間選択型の手数料

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


固定期間選択型手数料は、変動金利型と比べると多くの金融機関で高めに設定されているようです。
通常、固定期間選択型手数料は52,500円で変動金利型は31,500円になっています。また、固定期間終了後に再び固定期間選択型にする場合も手数料が必要になる金融機関もあります。

そのほかに、繰上返済手数料も同じように割高になっており3〜5万円の手数料が必要になる金融機関が多いようです。繰り上げ返済は少しでも早く行うのが効果的なので手数料が高いからといって後回しにするよりも、手数料を払って繰上返済するほうが得します。

また、固定期間選択型の特約期間が終了間近であれば、期間終了まで待って変動金利型に変更してから繰上返済すると手数料を節約することができます。
ただし、基本的に固定期間選択型は特約期間中は金利変動型に変更することはできません。

金融機関によって手数料を払えば自由に変更できるところもありますが、一度変動金利型に変更すると、固定期間選択型には変更できない金融機関もあります。

このように高い手数料であったり、サービスに制約が付いているには金融機関の内部事情があります。変動金利であれば社会全体の金利に合わせて上下するため収益に影響はありませんが、固定期間選択型であれば金利が上昇しても金利を上げることができず、預金金利だけ上げることになり収益を圧迫するためです。

固定期間選択型手数料は高くなっていますが、優遇金利制度が充実していますので期間によって2%を切る金利で融資をしています。
そのため金利の低さに注目しますが、固定期間選択型の特徴をしっかり理解しわからないことはそのままにせず、担当者に気軽に質問してみましょう。



住宅ローン選びの基礎知識コンテンツ一覧