マイホーム 住宅ローンの保証料

住宅ローンの保証料

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローン保証料とは、住宅ローン利用者が返済できない状態、つまり破綻した場合など保証会社が利用者に代わって返済残額を金融機関に一括で返済するための保証に使われます。そのため、金融機関が不良債権になるリスクを回避することができるのです。

民間の金融機関で住宅ローンを利用する場合、基本的に保証料は必要になってきます。一部の銀行では保証料の必要がないところもありますが、必ずといっていいほど保証料を負担しなければなりません。

35年の元利均等払いの場合、保証料は約60万円になりほとんどの金融機関で融資時に一括払いします。
最近では、月払いにできる金融機関もありますが金利が高くなるため最初に一括で支払うほうが最終的には負担を減らすことになります。

この保証料が無料になる住宅ローンにフラット35があります。しかし、無料になるといっても団体信用生命保険の加入は含まれていないので別途加入する必要があります。保証料が無いからフラット35が有利とは限りません。

一般的に民間の住宅ローンでは、団体信用生命保険が無料になるところも多くあります。そのため、フラット35では保証料は無料になるが団体信用生命保険の支払は必要になります。
民間の住宅ローンは保証料は必要になるが団体信用生命保険は無料になるため、保証料だけで比較しないようにしてください。もちろん、どちらも無料になるのが一番ですが。

保証料は利用者が返済できなくなった場合、保証会社が一括で金融機関に返済してくれますが、利用者の返済義務がなくなったというわけではありません。ただ、債権が金融機関から保証会社に移ったというだけです。そのため、保証会社から返済の請求がきます。

保証会社は金融機関よりも厳しく取り立てるので、ローン残高の一括返済を求めてきます。
くれぐれも住宅ローン破綻しないように、返済計画はきちんと立ててください。



住宅ローン選びの基礎知識コンテンツ一覧