マイホーム 住宅ローンの返済支援保険

住宅ローンの返済支援保険

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローンには、利用者の死亡や高度障害によって返済が不可能になったときの団体信用生命保険と、ローン破綻によって返済できなくなったときの保障がありますが、そのほか多くの金融機関で様々な保証の住宅ローン返済支援保険があります。

住宅返済支援保険にはどのようなものがあるかというと、利用者が病気やケガなどによって働けなくなり収入がストップした場合に、返済額の8〜9割の保険金が支払わるものです。

例えば、三菱東京UFJ銀行では病気やケガによって30日以上働けない状態になった場合に、最長5年間保険金が支払われます。また、天災事故にも対応しており保険金も返済額の100%が支払われます。
住宅ローン返済支援保険の保険料は、年間返済額1万円あたり100〜150円になっていますので、1万円あたり100円で計算すると年間返済額が120万円であれば12,000円になり1ヶ月1,000円の保険料になります。

そのほか、三大疾病のがん・急性心筋梗塞・脳卒中を対象にした保険もあります。団体信用生命保険では、がんと診断されても保険金は支払われませんが、この住宅ローン返済支援保険ではがんと診断された時点で保険金が支払われるようになっています。

また、三井住友銀行では、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病と、高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の重度慢性疾患を対象にした「三大疾病ワイド保障型+5」という保障付き住宅ローンサービスを行っています

そのほか、リストラや倒産によって失業した場合にも保険金が支払われる住宅ローン返済支援保険もあります。



住宅ローン選びの基礎知識コンテンツ一覧