マイホーム 住宅ローンの変動金利型

住宅ローンの変動金利型

これから販売される“マンション特集”
全国の、これから販売されるマンション情報を誰よりも早く手に入れると得することいっぱい♪
気になった新築分譲マンションを一括資料請求できます!

1,000万円台の注文住宅はコチラ
1,000万円台で建てる家から20代・30代に人気の家・地震に強い家など
ハウスメーカー・工務店1,000社以上を紹介!


住宅ローン変動金利型は、景気や経済の影響を受けて変化する金利に合わせて金利が変わる住宅ローンです。

5年に1度の見直しになっていますが、実際には金利は半年に1回見直されています。返済金額は5年間変わりませんが、1年や2年後に金利が変われば返済金額の元金分と金利分の割合が当初と違ってきます。

つまり当初の返済額が10万円で元金分が5万円、利息分が5万円の場合、金利が上昇すれば元金分が4万円、利息分が6万円と元金の返済額が減り当初計画していたよりも元金の減り方が遅くなります。反対に金利が下がれば元金の返済が多くなるので元金は計画前より早く減ることになります。

また、5年後の見直し時に金利が大幅に上昇しても総額幅は25%までと決まっているので、返済の最高金額は12万5千円になります。ここで注意することは、上限が25%に決まっていても25%以上の部分がカットされるという意味ではありません。反対に金利が下がった場合には下限はありません。

金利が上昇している時期には返済金額が増え元金も減らない危険性があるのでやめたほうがいいですが、金利が下がっている時期には積極的に利用するのもいいかもしれません。

変動金利は、「短期プライムレートプラス1%」という優良企業向け融資の短期プライムレートに1%上乗せした金利にしていますので短期プライムレートが1%なら変動金利は2%、3%になれば4%と連動して上昇していきます。反対に短期プライムレートが5%から4%に下がれば変動金利も1%下がります。

変動金利型は、金利が下がれば全く問題はないのですが、大幅に金利が上昇すると毎月の返済額では金利分を返済できずに利息が増えていく未払い利息が発生しますので注意してください。



住宅ローン選びの基礎知識コンテンツ一覧